お気軽にお問い合せください
05224250010522425003 受付時間 8:30~17:30(土日祝日を除きます) E-mail:info@hodumi.co.jp

箱抜工事用ボイド支持具 ボイドホルダー 商品番号:NSN-003

箱抜工事における、ボイド管の固定を容易にし、
箱抜工事の精度と作業性向上のお役に立ちます。


●箱抜工事には、通常ボイド(紙管)が使われますが、型枠への固定
 には色々と問題があり、問題解決法の開発は長年の課題でした。
●底部を塞いだボイド管は、コンクリートの打設に際しては、浮力
 体となり、或は遊動体となりますから、浮き上ったり傾いたり、
 いわゆるケツフリ現象を起こし易く、失敗の原因となります。
 コンクリートポンプによる注入やバイブレーターによる攪拌に
 よって起るコンクリートの流動圧は相当なものですから、ボイド
 を上から抑えるだけでは不十分です。
●そこで、上部を桟木なので抑える一方、底部または中間部を何
 らかの方法で固定する必要があります。
 300φ、250φを使用するストンガードの場合には、型枠内で
 作業できる空間が何とか確保でき、番線と針で一応の目的は
 果たせるようですが、問題は小口径のボイド管を使用する狭い
 型枠の場合です。
●そして、此の問題を一挙に解決する方法として開発したのが
 ボイドホルダーです。
 ボイドホルダーは、ボイド管の上端部で型枠への固定を完結する
 考えですから、作業は迅速簡単で経済的です。
●ボイドホルダーにはG型(ガードレール用)とF型(フェンス・
 ガードパイプ用)があります。


ボイドホルダーの規格・価格表

型式用途サイズ
(用)
梱包入数
(個)
標準価格
(ケ/円)
G型ガードレール200106,050
175105,808
150105,445
F型フェンス
ガードパイプ
100104,235
75103,872

販売単位:
価格:
お問合せください

【ボイドホルダーG型の使用方法】

①ボイドホルダーG型に桟木を2本、釘打にて取付けます。
 取付けフランジは、巾50~60m/mの桟木に都合よいサイズに
 なっており、8箇所(両サイドで16箇所)の釘穴があいています。
 桟木は現場に有り合わせたものをご利用頂けます。
 桟木の長さは、型枠の天端の状況に合せてお選び下さい。

②ボイドホルダーG型を、ボイド管の上端部に取付けます。
 取付けは3分の蝶ボルト2本で締付ける型ですから簡単です。

③型枠の天端に、桟木を介して釘止めします。
 その際、ボイドが垂直に納まるよう、型枠の状態に応じ、副木等
 によって調整して下さい。

④道路勾配ある場合には、ボルト穴が長穴になっていますから、
 ボルトの締付に際して調整して下さい。
 10%勾配まで対応できます。

⑤道路勾配が10%以上の場合には、ボイドホルダーG型の片側を
 上下反対にするか、桟木の一方を上下反対にする事によって
 対応できます。

【ボイドホルダーF型の使用方法】

①ボイドホルダーF型を、所要の寸法にカットしたボイド管
 の上端に取付けます。
 取り付けは3分の蝶ボルト2個で締付ける形式ですから、
 作業は簡単です。

②型枠の天端に、ボイドホルダーF型のフランジ部分を
 設置します。
 ボイド管が型枠の中心に垂直になるように調整し、コン
 パネ型枠の場合には釘打で固定します。
 フランジ部分には、釘穴が11個(両サイドで計22個)
 あいています。
 高さ調整が必要な場合は、現場に有り合わせの桟木等
 によって行って下さい。

③メタルフォームの場合には、シャコ万力で固定するのが
 便利です。
 ボイドホルダーF型のフランジ部分には、エンボス加工を
 施して、万力の接触部分が滑りにくくしてあります。
 シャコ万力は一般市販のものを利用して頂けますが、
 メーカー選定のもの(別表に表示)は、ご都合により手配
 お承りできます。

④道路勾配がある場合には、キャンパー(クサビ)によって
 角度調整します。
 キャンパーは、型枠とボイドホルダーF型のフランジとの
 間に挿入した上で固定します。
 キャンパーは現場に有り合わせの物で一応用を足せ
 ますが、メーカー選定のもの(別表に表示)は、ご都合に
 より手配お承りできます。
 角度調整は、キャンパーの差込の程度によって行います。

〈別売り〉付属部材

区分品名サイズ参考価格
(円/ケ)
シャコ万力SOMAX-Cクランプ#1有効25×深さ29お問合せください
キャンパー施工用クサビ100×25-厚さ20お問合せください

管理番号:1573
受付時間:8:30~17:30
(土日祝及びGW・夏季休暇・年末年始は休み)
お問い合せ