お気軽にお問い合せください
05224250010522425003 受付時間 8:30~17:30(土日祝日を除きます) E-mail:info@hodumi.co.jp

NKフィルター(二三産業) 商品番号:NISAN-10-1

【NKフィルター】
擁壁等の水抜パイプ用・土砂流出防止材です。
一発施工の水抜きパイプ用フィルターです。


<特長>

1.嵌合するだけ・一発で施工完了・簡便性は無類
カンカン帽型の頭部を、パイプの内側へ挿入するだけで透水マット工事完了。NKフィルターだけがもつ特長です。

2.埋戻作業時に外れたり、ずれたりせず安定性は抜群
カンカン帽型のツバが堅牢にできており、パイプの切り口に沿い、外れたり、ずれたりの心配は全くありません。

3.パイプはVPにもVUにも適合
サイズ調整用の突起アジャスターの考案があるので、VUパイプ・VPパイプともにフィットします。VPの場合には、捻込む要領で挿入しますと、アジャスターは変形してパイプに沿うように納まります。

4.勾配のある場合や変形した場合にも適応
カンカン帽型の本体は、ポリエチレン製で適当な弾性があり、透水マットは、不織布タイプですので柔軟です。パイプの切り口に勾配のある場合、あるいはパイプが多少変形した場合にも、ピッタリ納まります。

5.透水性、耐久性とも良好
カンカン帽型天辺部には、約1m/m角目の孔が無数にあり、透水マットは10m/mの厚さで、よく土砂を遮断すると共に透水性に優れています。また、両材料ともに土木資材としての耐久性は評価済みのものです。

6.埋戻工事の合理化スピードアップに大いに貢献


<用途>

コンクリート擁壁、ブロック積あるいは石積擁壁、プレキャストL型コンクリート擁壁、コンクリート吹付工事等の、全ての水抜パイプの目詰り防止に効果的に適用できます。PVC友孔管、その他の排水管の端末材としても利用できます。


<NKフィルターとは・・・>
→擁壁等の水抜パイプ用・土砂流出防止材です。軟質ポリエチレン製の網状フィルター本体と、その凹部に、不織布型透水マットを挿入複合した二重構造の透水材です。適度の柔軟性があり、アジャスターの働きによって、一規格によって、塩ビパイプはVPにもVUにも適合します。つまり、NKフィルターは、あらゆる水抜パイプの、あらゆる状態に対応できると言えます。その簡便性と経済性は無類で、全国的に御好評いただいているものです。



価格表

NKフィルター

品名品番適応口径梱包入数価格
NKフィルター40X40~44200¥19,800-
50X50~57100¥10,800-
50F50~57100¥12,800-
65X65~7550¥6,900-
65F65~7550¥7,900-
75X77~8350¥7,900-
75F77~8350¥9,400-
90X85~9250¥9,800-
100X100~10750¥9,800-
100F100~10750¥11,800-
150X146~154適宜¥394(1個あたり)
150F146~154適宜¥491(1個当たり)

※バラ売りの場合は価格をお問い合わせ下さい。






NKフィルターは、7サイズで、すべての水抜パイプに対応します。また、7サイズとも”あとづけ工法”を適用できます。

販売単位:
上記参照
価格:
お問合せください 上記参照 

Q&A


NKフィルターの取付について


Q1.NKフィルターのXとFの違いは?
A1.Xタイプはポリエチレン製ネット本体のみです。
Fタイプはネット本体に不織布の透水マットをセットしたものです。


Q2.XとFの選定の基準は?
A2.NKフィルターはそもそも砕石又は栗石による透水層に混じった砂分を擁壁の水抜穴から道路側へ出さない為に取付けます。
よって基本的にはFタイプをご使用ください。
現場の判断によりますが土質などの条件により、透水マットの目詰まりが考えられる場合はXタイプをご使用下さい。


Q3.VP管、VU管どちらにも使用できますか?
A3.使用できます。VPは肉厚管、VUは薄肉管ですのでVU管の方が内径は大きくなります。
従って、VP管に嵌める場合は少し窮屈ですが手の平を使って回す様に捻じ込むと取付出来ます。


Q4.PCのコンクリート擁壁の水抜穴にも使用出来ますか?
A4.適応孔径の範囲内であれば取付可能です。
PCの擁壁の場合は擁壁の水抜穴の形状が表側から裏側にかけて孔径が小さくなっている物があります。
メーカーにより様々ですのでメーカーにご確認ください。


Q5.既存の擁壁の水抜穴にも使用できますか?
A5.既存の擁壁の取付は現場状況、予算などによりいくつかの方法が考えられますが古くなった擁壁で水抜穴が機能していない場合は新たに削孔し水抜穴を設ける方法があります。
例えば75φの水抜穴を設けるのであれば100φ位で削孔し、75φパイプの先にNKフィルターを取付、前面から削孔した穴に挿入し、周囲をモルタルなどで補修する方法をおすすめします。
コストも手間もかけたくない場合はNKフィルターのあとづけ工法をご検討下さい。
一般のご家庭の擁壁の水抜穴や新設の工事であっても裏込砕石の投入時に透水マットが外れてしまったり、透水マットを取付けずに埋戻してしまった場合などにご使用頂いています。
詳細はあとづけ工法のパンフレットをご覧下さい。

管理番号:228
受付時間:8:30~17:30
(土日祝及びGW・夏季休暇・年末年始は休み)
お問い合せ